功成建設

事業内容

外壁塗装

功成建設では、建物の外観を新築時のように改装することで、建物自体の資産価値を高められる外壁塗装・外壁改修工事をお客様にご提案しています。

多雨多湿な気候のため、建物が厳しい自然環境にさらされている日本の建物は、 定期的にリフォームを行うことにより、建物自体の寿命を長くすることが可能なのです。

外壁改修工事の必要性とは

ヒビ割れの補修モルタル外壁のヒビ割れ(クラック)は、外壁のあらゆる箇所に発生することがあります。
クラックの発生は、
モルタル自身が温度差により伸縮し発生するクラック。
車輌や地震の振動の影響で発生するクラックなどがあります。
そのまま放置しておくと内部に水が入ってしまい、建物構造材が腐食してきますので早めの補修をおすすめします。

美観の修繕大気中の汚染物や外壁の鉄部の腐食面に付着するサビ色の鉄粉・シーリング材のブリード(にじみ)など、塗膜や凸凹部に付着・堆積した汚染物質が雨水などの水滴により運ばれ、筋状に汚れてしまいます。
修繕の際、洗浄し、塗装するだけではなく、汚れの原因ともなる鉄部のサビやシーリング材のブリードに対しても、適切な処置を行う必要があります。

剥離の補修経年劣化や塗装の素地調整不足、下塗り塗料の過度の硬化による塗膜表面の割れなどが原因で素地や塗膜の層間において付着力低下を引き起こし、外壁から塗膜が浮き上がり剥落してしまう状態です。
そのまま放置しておくと内部に水が入ってしまい、建物構造材が腐食してきますので早めの補修をおすすめします。

目地割れの補修シーリング材は、建造物の気密性・水密性を保つために非常に重要な役割を果しますので、改修工事の際は増し打ちなどの補填を行うことが好ましいです。
こちらも放置しておくと内部に水が入ってしまい、建物構造材が腐食してきますので早めの補修をおすすめします。

外壁改修工事の工程

仮設足場組足場組みは地上からの高い部分を工事するために設置します。鋼管や丸太を組んで足場板を渡します。

メッシュシート貼り外壁塗装や改修工事をする際、周りに塗料などが飛び散らないようにメッシュシートで建物全体を覆います。

高圧洗浄外壁にの汚れを落とすことで、塗膜の乗りを良くします。汚れたままだと剥離等の原因になるのでしっかり洗浄します。

クラックシーリング外壁の傷んでいる部分を改修します。改修をして塗装しなければ再び傷む可能性が高くなってしまいます。

ビニール養生鉄部や開口部などに塗料が付着しないよう、ビニールで覆っておきます。

下地調整主材を現存下地に密着させるための下地材です。接着材のようなものです。

主材下塗主材を塗装します。だんだんと施主様のお選びになられた色になっていきます。

主材上塗主材を塗装します(2週目)。お好みで模様も描くことができます。

ビニール・メッシュシートばらし建物全体を覆っていたメッシュシートと鉄部、開口部を覆っていたビニールを剥がす作業です。剥がした後はしっかり手直しします。

ウレタンペンキ塗装鉄部などを手作業で塗装していきます。

最終確認お客様に、現場担当者と一緒に仕上りの確認して頂きます。

足場解体最終確認が終わったら、足場を解体します。足場がなくなると建物が美しくなったとより実感して頂けると思います。

塗料の種類

功成建設では、お客様のご要望に沿ったリフォームをご提案できるように、多くの塗料をご用意しています。

セラミック塗装800度以上の高温で焼成着色した無機質骨材を主成分としているので、他の塗装で見られる色落ちなどが少なくなります。

フッ素塗装耐久年数が長いという点では、最も優れている塗料です。フッ素塗料には光沢感があり、防汚性も優れています。長期間、塗替えたくないような建物(商業用ビルなど)に最適な塗料です。

シリコン塗装シリコン塗料の特徴は、塗膜に光沢があり、耐久年数も長くなります。10年以上建物を維持していくのであれば最低限このシリコン塗料以上の塗料を施工するのをおすすめします。

ウレタン塗装低コストの上、施工性にも優れており、さらにアクリル塗装よりも優れた耐久性を持っています。10年まではもたなくても良いが1度は塗装したいという方におすすめの塗料です。

アクリル塗装最も低コストで施工性に優れており、その手軽さから住宅の塗替えで多く使われている塗料です。但し、アクリル塗料は耐久年数が短いため、定期的なメンテナンスが必要になります。建て直しの予定が近々あるという場合などに最適な塗料です。

お問い合わせフォーム